首都圏公取協、おとり広告21年比70件減

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会,不動産公正取引協議会連合会

法律・制度改正|2023年07月03日

  • twitter

総会で冒頭のあいさつを行った種橋牧夫会長

 公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会(以下、首都圏公取協:東京都千代田区)は、6月20日に開催した「2023年度定時社員総会」の中で、賃貸住宅を含むすべての不動産におけるおとり広告物件数が21年度から減少したと報告した。

22年度事業報告を実施

 22年度は、首都圏公取協を構成団体の一つに持つ、不動産公正取引協議会連合会(同)の定める「不動産の表示に関する公正競争規約(以下、表示規約)」が10年ぶりに改正した。22年度の調査対象となったおとり広告物件数は、21年度比70件減の150件だった。

 また、一定の措置を講じたおとり広告を含む表示規約違反の事案処理件数は163件で、同37件の減少となった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不動産広告10年ぶりの大改正、徒歩分数の距離表示規則改定【クローズアップ】』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ