不動産会社が買い取り再販専門のFCを立ち上げ

松堀不動産,アルイエ

商品|2023年10月26日

  • twitter

アルイエ本川越店の外観

地方の小規模不動産会社対象 自社の営業ノウハウに強み

 不動産の売買仲介や買い取り再販、賃貸管理・仲介などを手がける松堀不動産(埼玉県東松山市)のグループ会社アルイエ(東京都港区)は10月1日より、買い取り再販専門のフランチャイズチェーン(FC)である「ARUIE(アルイエ) FC」を開始し、加盟店を募集する。

 松堀不動産は、FC本部となる子会社としてアルイエを8月に設立。会社の成長に課題を感じる、地方の小規模不動産会社をメインターゲットに、自社の営業ノウハウなどを提供していく。

 同社は新規ビジネスとして買い取り再販事業を伸ばしてきた。スルガ銀行(静岡県沼津市)の不正融資問題により投資向けの融資厳格化を招いた、いわゆる「スルガショック」が主な要因で、2018年ごろから新築アパートの建築販売事業が低迷。同事業に代わる新たな成長エンジンとして、中古物件の買い取り再販に注力した。以前は買い取り再販は年間5件ほどの取り扱いだったが、今では年間20件ほどにまで伸長。対象物件は、築20~30年程度の実需向けの一戸建てがメインだ。建物の劣化が激しい場合は、更地にして売却するケースもある。主な商圏である東松山市周辺の物件で、販売価格1000万~1500万円程度が中心だ。買い取ってからリフォーム・リノベーションを行い、販売するまでの期間は平均8カ月ほどとなっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ