入居者の死因が不明な場合の契約者の責任

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第107回

賃貸経営|2023年11月17日

  • twitter

 賃貸借契約締結時に、契約者である賃借人から、高齢の父を入居者として契約したいと申し出があったため、入居者を父として契約を締結しました。

 数年後、居室内で入居者が腐乱した状態で死亡しており、特殊清掃が必要となったため、入居者の死因は不明と判断されたものの、当社では今後3年間、家賃を30%減額して新規賃借人に賃貸することを決定しました。

 当社から以前の賃借人に対して、家賃減額分を損害賠償として請求できるのでしょうか。

病歴ない自然死、賠償請求不可 自殺は善管注意義務違反認定

 賃借人への、損害賠償の請求原因は善管注意義務違反になりますが、家賃減額分を損害賠償として請求することはできないと判断される可能性が高いと考えられます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『他人のペットにより物件を破損された場合の責任の所在』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ