成長戦略としての選択肢

【連載】不動産業界M&A最新動向 第8回

賃貸経営|2023年11月24日

  • twitter

 不動産業界は、2013年より堅調に市場規模が拡大してきましたが、市場規模全体としては19年をピークに減少傾向が見られています。とはいえ、21年における不動産事業・物品賃貸事業の市場規模は年間で約49兆円にも及んだといわれており、そのうち、不動産賃貸事業・管理事業の市場規模は21兆円とされています。

 不動産管理会社はなぜM&A(合併・買収)市場において人気銘柄であるのか、今回はその理由について解説します。

景気に左右されず合併・買収が盛ん

 不動産業界は、業務内容の幅が広く、不動産の売買、賃貸、管理、仲介など多岐にわたります。事業者の規模に関しても大手総合不動産会社から中堅・中小企業、個人経営の事業者まで存在し、今ではコンビニエンスストアの数よりも不動産会社のほうが多いといわれています。また、不動産専業の事業者だけでなく、異業種でも一部不動産事業を営む会社や新興企業の参入も多く、これからも不動産会社は増加していくことが想定されています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『自社の成長ビジョン、明確に』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ