ジョイフルサポート、新社長に坂根隆行氏

ジョイフルサポート

その他|2021年11月18日

  • twitter

 HIROTA(ヒロタ)ホールディングスで家賃債務保証事業を担うジョイフルサポート(福岡県北九州市)は10月1日、執行役員だった坂根隆行氏が代表取締役社長に就任した。代表取締役社長だった廣田豊氏は代表取締役会長を務める。

グループ管理物件を家賃債務保証

 坂根社長は1975年、京都府生まれ。福岡大学を卒業後、2005年4月に積水ハウスに新卒で入社。05年2月にアパマンショップリーシング(入社時アパマンショップネットワーク)に転職し、仲介店舗の店長を務めた後、直営店のエリアマネージャーや賃貸管理部門の責任者を担当した。

 12年12月にHIROTA(ヒロタ)ホールディングスで賃貸管理を担うジョイフルマネージメントに入社。17年10月に経営企画室室長、18年10月に経営企画室長兼総務経理部部長に任命され、20年4月に執行役員となった。

 坂根社長は「グループの賃貸管理を基盤に、家賃債務保証の契約件数を拡大していく。また、当社で担うコインパーキング事業やコインランドリー事業に次ぐ新規事業の開拓も進めていく」と意気込みを語る。

 ジョイフルサポートは、14年8月に家賃債務保証事業を開始。現在の売上高は8000万円で、社員数は7人だ。家賃債務保証事業として、入居審査、家賃管理、督促、代位弁済を行う。当月末の滞納率は0.4%を下回る。グループで管理する6700戸のうち、3分の1を保証している。

 グループ会社で年間800~1000戸の管理受託があり、管理戸数の純増とともに契約件数の拡大を狙う。

 「当社グループの物件には高齢者や生活保護受給者らも入居する。これまでに蓄積した入居審査のノウハウを強みに、入居希望者の家賃の支払い能力の有無を見極めながら、リーシングの機会損失を避けることでグループの利益の最大化に努める」(坂根社長)

ジョイフルサポート 坂根隆行社長の写真

ジョイフルサポート
福岡県北九州市
坂根隆行社長(46)

 

(11月15日11面に掲載)

おすすめ記事▶『ジョイフルマネージメント、新社長に杉山真一氏』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ