多角化経営で収益性を向上

【連載】成功事例を大公開!賃貸管理研究所 第94回

管理・仲介業|2024年03月01日

  • twitter

利益を新規事業へ投入

 2024年、久しぶりに新型コロナウイルスの影響がない繁忙期ということで、賃貸管理会社の皆さまは非常に忙しい日々を過ごしているかと思います。今回は近年賃貸管理会社の成長戦略として注目される「コングロマリット(多業種間にまたがる企業経営)」について、話をしたいと思います。

衰退期に突入 出店もリスク

 近年、賃貸管理業界は成長期を終え、徐々に衰退期に入っているといわれています。現にこの業界では企業の二極化の進行や企業買収(M&A)の増加など、衰退期の特徴が現れ始めています。

 しかし、このような衰退市場であっても、企業が成長を止めるわけにはいきません。従来であれば賃貸管理会社の主要戦略といえば「出店」でしたが、現在の市場状況では収益回収に時間がかかり、出店に踏み切れない経営者も多くいます。

 逆に、業界内では店舗の集約化や効率化の動きが見られます。この動きは賃貸管理業のみならず日本の中小企業全体で起こっていることでもあります。日本企業における中小企業数が圧倒的に多く、10億円以上の企業は全体の2.73%、100億円以上の企業は0.91%しか存在しません。(経済産業省「21年企業活動基本調査」)

 このような状況下では、市場における二極化が進行し、売り上げだけでなく人材も大手企業に集中する傾向が高くなっています。

 賃貸管理事業だけでは毎年大きな成長や2桁成長を継続するのが難しくなっているのが現実的な課題となる中で、賃貸管理会社はどのようにして成長を続けることができるのでしょうか?

 ここで注目されているのが「コングロマリット経営」です。

安定した産業も 成長性にハードル

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『顧客ニーズに応えるDX 反響来店率45%を実現』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ