防災配慮型住宅第3弾を販売、発売開始1カ月で1棟契約

大東建託

物件紹介|2024年03月04日

  • twitter

ぼ・く・ラボDOMOの外観イメージ

2階の住戸は専用らせん階段を設置、床上浸水でも生活が可能

 大東建託(東京都港区)は防災に配慮した賃貸住宅商品を強化している。防災配慮型住宅の第3弾となる「ぼ・く・ラボ賃貸DOMO(ドーモ)」の販売を開始した。気候変動の影響による災害への対応を取り入れ機能性と安全性を備えた住戸で、狭小地でも戸数を確保した住宅を建築できる。

 同商品の販売開始日は1月5日。都市部に住む単身者層を入居者ターゲットに据える。2階建てで、各戸に省スペースで設置可能な鉄製らせん階段を採用した。万が一、床上浸水した場合でも、そのまま階段を利用できる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『大東建託、カナダに現地法人設立』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ