法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

統計データ|2024年05月13日

  • twitter

 2024年の繁忙期ではエリアごとに属性別の成約動向に違いが見られた。1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の不動産会社では法人の契約が好調だった一方、1都3県以外では一般顧客(以下、一般)の契約状況が「よかった」との回答割合が高かった。

1都3県、属性別の明暗顕著

半導体工場関係者が入居待ち

地方は一般客堅調 社宅需要に地域差

 属性別の成約動向を見ていく。全体では法人と一般の成約状況が「よかった」との回答が30%を超えた一方、学生は「よくなかった」が21.1%で、「よかった」の19.2%を上回った。

 「1都3県」と「1都3県企業以外」に所在する会社では、顧客属性ごとに動向が分かれた。

属性別成約動向グラフ

 1都3県に所在する企業で、成約が好調だった回答の割合が最も高かった属性は法人で、35%だった。次が一般の32.7%となった。対して1都3県以外の企業では、「よかった」の割合が高かったのは一般で32.1%。法人は31.7%と逆転している。

 両者に共通しているのが学生顧客の成約が低調である点だ。

 1都3県の企業では「よくなかった」が25.5%、「よかった」が20.4%と5ポイントの差が開いた。1都3県以外の企業では、「よくなかった」が19.5%と「よかった」の18.7%を上回った。

 年間378件の賃貸仲介(以下、仲介)を行う住まいの戸田(北海道千歳市)は、24年繁忙期の成約件数が23年繁忙期比(以下、23年比)120%と好調だった。特に1月の成約件数は倍になった。戸田貢介社長は「成約件数の6割を法人が占める。新型コロナウイルス明けで、異動が再開した印象がある」と振り返る。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『繁忙期、成約件数は堅調』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ