繁忙期、成約件数は堅調

山一地所,旭ハウジング

統計データ|2024年05月10日

  • twitter

 全国賃貸住宅新聞は、不動産会社を対象に2024年繁忙期(1~3月期)の動向調査を実施。成約件数が増加と回答した企業が40%を超え、堅調だったことがわかった。法人仲介の伸長を成約好調の理由に挙げた不動産会社が最多だった。

「増加」の回答40%超え

法人仲介で明暗

 24年繁忙期の賃貸仲介動向は、全体的に堅調だった。法人の仲介の好不調が企業の明暗を分けたようだ。全国賃貸住宅新聞は4月2~19日にかけて、「24年繁忙期総括」のアンケート取材を実施し、全国の不動産会社367社から回答を得た。

 23年繁忙期と比較した成約件数の動向について、最多の回答は「増加」の36.8%だった。「大幅に増加(2割以上)」の4.4%と合わせると、増加の回答は41.2%と4割を超えた。「変わらない」は32.4%。「減少」の23.7%と「大幅に減少(2割以上)」の2.7%を合わせると26.4%。増加の回答は、減少と14.8ポイントの開きがあった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『リーシング・マネジメント・コンサルティング、賃貸仲介市場の動向調査を発表』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ