武蔵コーポレーション、関東での拠点開設を強化【注目企業インタビュー】

武蔵コーポレーション

インタビュー|2024年05月19日

  • twitter

武蔵コーポレーション さいたま市 大谷 義武 社長(48)

 中古収益不動産の買い取り再販と賃貸管理で事業を伸ばしてきた武蔵コーポレーション(さいたま市)は、入居者満足度の向上を重視した経営を進めている。拠点の新規開設により、管理物件での自社スタッフの対応を強化する。

入居対応手厚くし満足度向上

新ミッション策定

 創業19年目で管理戸数3万戸を超えるまでに急成長した武蔵コーポレーションが、大きく経営方針を転換している。

 1月には、会社のミッション「住まいで人を笑顔に」を新たに策定。バリューとして「三方よしでいこう・チームプレーに徹しよう・チャレンジしよう」を定めた。

コーポレートサイト画像

新たに策定したミッション「住まいで人を笑顔に」を前面に打ち出したコーポレートサイト

 大谷義武社長は「改めて、当社にとって誰がお客さまなのかを考えた。その時に、当社の管理物件の入居者に快適・安全に生活してもらうことが重要だと考え、新しいミッションに反映した」と語る。

 ビジネスパートナーであるオーナーと協力し、入居者に満足してもらうことを第一義とした。全社を集めた1月の経営発表会でも、新しいミッションを伝えた。

 同社の管理戸数は3万2114戸(3月末時点)。2021年4月から24年3月までの3年間で、管理戸数1万1753戸増と大きく伸ばしてきた。賃貸住宅の再販からの受託に加え、地主系オーナーからの新規の管理獲得が大きい。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『武蔵コーポ、本社移転』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ