武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

武蔵小杉駅前不動産

インタビュー|2024年06月06日

  • twitter

武蔵小杉駅前不動産 神奈川県川崎市 村谷 和郎 社長(52)

 「エキマエホーム」の屋号で武蔵小杉エリアに本社を置く武蔵小杉駅前不動産(神奈川県川崎市)は、賃貸仲介で事業を伸ばす。リーシングの実績を武器に管理受託にもつなげる。会社づくりでは、評価制度を透明化を図り、社員の自主性や勤続年数の永続化を図る。村谷和郎社長に同社の戦略や人事制度について聞いた。

リーシングから管理受託7割

5年で年商3倍 商圏は川崎と横浜

 2016年に設立した武蔵小杉駅前不動産は、賃貸仲介事業を柱としながら、賃貸管理事業も拡大する。

 24年2月期の売上高は約3億円。店舗出店などにより5年間で売上高を3倍ほど伸ばした。内訳は、賃貸仲介事業が8割、賃貸管理事業が2割だ。

 主な商圏は神奈川県川崎市と横浜市。従業員は27人で、事務の担当者以外は、全員が賃貸仲介と賃貸管理を担う。店舗は本社を含め3店舗を展開する。

 同社は、分業化の逆をいく完全属人化が特徴だ。同じ担当者が継続して担当することでオーナーの満足度を高めている。

 売上高の8割を占める賃貸仲介事業では、特に来店成約率を重視。部屋探し顧客のニーズを詳しくヒアリングすることに注力し成果を上げてきた。

 村谷社長は「反響数、来店率、成約率はすべて重要で、どれか一つが欠けても成立しない。その中でも成約率は社員が達成感を得られ、顧客満足度向上にも直結する部分のため、最も重要視している」と話す。

信頼関係を重視「まず仕事で成果」

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『きらめき不動産、神奈川県中心に1100戸管理【注目企業インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ