ヤマト、ライナフらと連携

ヤマト運輸,ライナフ

商品|2022年04月10日

  • twitter

EAZY CREW(イージークルー)が置き配をする様子

 宅配便事業の大手ヤマト運輸(東京都港区)は、複数社のデジタルキーを一括管理するシステム「マルチデジタルキープラットフォーム」を開発。3月28日より、デジタルキーを提供するライナフ(東京都文京区)ら6社と連携し、マンションのエントランスのオートロックを解錠して、部屋前への「置き配」を可能にした。これにより、再配達の発生を防ぎ、配達員の業務負担の軽減を図る。

オートロックで置き配可能

 マルチデジタルキープラットフォームは、オートロック解錠用の専用アプリの入ったデバイスの位置情報と、電子商取引(EC)サイトで購入された商品の配達先住所情報をマッチングすることで、対象物件のデジタルキー発行会社にエントランスのオートロック解錠申請を行う。申請が承認されると、ワンタイムパスワードが発行され、エントランスが解錠される仕組みとなる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ライナフ、Ninja Entrance1000棟導入』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ