ビレッジハウス・マネジメント、年内に全契約の電子化実現

ビレッジハウス・マネジメント

ニュース|2022年07月14日

  • twitter

 世界的投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループの日本における管理会社であるビレッジハウス・マネジメント(東京都港区)は、同社の管理する10万4918戸(6月1日時点)を対象に、賃貸借契約の全面オンライン化を推進する。6月20日には、21年1月から電子契約を開始していた直接取引に電子申し込みを導入。契約業務のデジタルシフトに弾みをつける。

原状回復管理システム開発中

 電子申し込みの利用は100件以上(6月30日現在)。直接取引の申し込みのうち、約3割が電子申し込みだ。

 6月13日には仲介会社経由の契約の電子化もスタートした。仲介会社経由の約6割が電子契約を活用している状況だ(6月30日現在)

 電子署名システム「DocuSign(ドキュサイン)」を導入し、同システム上で契約を締結する。仲介会社経由の電子申し込みは準備中で、年内に開始する予定。仲介経由の申し込み業務が電子化すれば、すべての契約業務の完全電子化が実現する。

 同社ではほかにも、原状回復工事のデータ一元管理のシステムを開発中だ。これにより工事の質の標準化やコスト管理ができるようになるとしており、年内の運用開始を予定している。

(2022年7月11日1面に掲載)

おすすめ記事▶『【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ