スペースリー、住宅業界のDX現状調査発表

スペースリー,コンベックス,iYell(イエール),タウンライフ,リフィード

統計データ|2023年01月28日

  • twitter

 スペースリー(東京都渋谷区)はコンベックス(同)、iYell(イエール:同)、タウンライフ(東京都新宿区)、リフィード(福岡市)の住宅テック事業者5社合同で実施した「住宅業界のDX推進状況調査」の結果を17日、発表した。同調査によれば、98.8%が「DXを推進すべきだと思う」と回答し、住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)への関心の高さがうかがえた。

「効果を実感」56.5%

 同調査は、工務店やデベロッパーなど住宅関連事業者340人に実施。2022年9~10月にかけて、住宅テックなどDXの推進状況についてオンラインアンケートで回答を得た。回答者は約7割が工務店、残り3割がデベロッパーや住宅事業も行う不動産事業者などの従事者だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『【2023年賃貸市場大予想 新春記者座談会】デジタル・アナログ両輪の深化 業務効率化の先、管理の充実へ』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ