「IT重説の外部委託」で生産性向上

法律・制度|2019年10月21日

  • twitter

 社外の宅建士にIT重説業務のみを外部委託する不動産会社が出てきた。人手不足が解消され、生産性向上に役立つとして、一部の不動産会社が注目し始めている。だが国交省は「指揮命令系統が確立されていない会社の場合、煩雑になる繁忙期などに宅建士のマネジメントが行き届かないリスクがある」と顧客トラブルの増加を懸念する。活用事例、活用の留意点を紹介する。

宅建士と「業務委託契約」を交わした場合の相関図"

国は「繁忙期の顧客トラブル増加」を懸念

 部屋探しの賃貸借契約において、テレビ電話を使った重要事項説明(以下、重説)を可能とする、いわゆるIT重説が本格運営され、2年近くが経過した。

 このIT重説をめぐり、社外の宅建士を複数募って、重説業務を外部委託して生産性を上げる仲介・管理会社がある。普段は別の本業を持ちつつ副収入を得たい宅建士と業務委託契約を結ぶ点で、元社員やパートタイムの宅建士に在宅で任せる例とは、少し事情が異なる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. TATERU 倒産リスク回避

      TATERU

    2. 受験者数が過去最多

      一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

    3. ホームネット、IoT電球で見守り

      ホームネット

    4. 駐車場の契約「電子化」へ

      大東建託リーシング

    5. 駅15分でも9割稼働

      一般社団法人日本シェアハウス連盟

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ