J-REITの保有物件の賃料下げ止まり基調鮮明

都市未来総合研究所

企業|2013年07月26日

  • twitter

みずほ信託銀行不動産企画部の主催する都市未来総合研究所(東京都中央区)が7月9日に発行した不動産トピックスで、東京23区の賃貸マンションの動向を発表した。その中で、J-REITが東京23区に保有する賃貸マンションは、平均稼働率が高い水準で持続。平均稼働率は2009年下期を底に反転し3年間にわたり上昇傾向が続いている。
 
2010年、2011年に新設着工戸数が1・5万〜2万戸に大きく減少したこと、賃料の下方調整(賃料の値下げ、フリーレント)などの要因により入居者の確保が進んできた。そのため、2012年には、東京都内への転入超過人口が平均稼働率を押し上げた。昨年は平均稼働率が95%を超える高水準にあったという。入居率向上により、2012年下期にはこれまで下落が続いていた平均賃料単価に下げ止まりの傾向が顕著だという。2009年下期までの「稼働率低下・賃料下落」、その後の「稼働率改善」を経て2012年下期は「稼働率高位・賃料下げ止まり」の段階にある。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ