Osakaあんしん住まい推進協議会、セーフティネット登録物件 3万件超

Osaka(オオサカ)あんしん住まい推進協議会

企業|2021年07月17日

  • twitter

登録された物件は、各カテゴリーからでも検索できる

 大阪府を中心に居住支援を行うOsaka(オオサカ)あんしん住まい推進協議会(大阪府)では、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅(以下、セーフティネット住宅)の物件情報の提供を行っている。2021年3月時点で、大阪府内のセーフティネット住宅の登録件数が3万5000戸まで増加した。

賃貸業者との連携を強化

 セーフティネット住宅は、民間の賃貸住宅や空き家を活用した物件だ。住宅確保要配慮者の受け入れが可能で、一定の耐震基準クリアし、床面積18㎡以上であれば登録できる。大阪府では、07年より府下で住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録を始めている。17年の法改正を受け、セーフティネット住宅の登録に移行。法改正後数年は、登録制度の周知が不足していたこともあり、登録物件数が伸び悩んでいた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

  4. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  5. アパマン爆発事故、和解成立

    アパマンショップリーシング北海道, 北海道合同法律事務所

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ