留学生向け学生寮運営スタート

三好不動産

企業|2013年02月17日

  • twitter

三好不動産(福岡県福岡市)は、食事付き学生寮の運営に乗り出した。「国際交流学生寮」と位置づけ、2月から外国人留学生を中心に日本人の学生も含めた募集を開始。対象となるのは築11年の全161戸のマンション内の81戸だ。

同社は既存の社会人寮を運営するオーナーと契約。81戸について借り上げ、実質上の学生寮オーナーとして運営する。近年福岡都市圏では外国人が増加しており、2000年1万4956人から2010年には2万6090人と推移しているという(福岡県FUKUOKA DATA WEBデータより)。

外国人の入居者を中心に募集をかけるが、一部日本人も同時募集する。日本人入居者には、「国際交流マンション」としてPR。同社では生活の中でさまざまな外国人と接することで留学する感覚で学生生活を送ってもらいたいと考えている。

同社では今後一般の学生会館や社員寮等への留学生の入居斡旋を積極的に行っていく計画。そのためには、管理がしやすいサブリースという方式による運営が有効だと考えているという。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. UBIQS、コロナ予防洗浄サービス提供

      UBIQS(ユービックス)

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. ジェイ・エス・ビー、大型学生マンション竣工

      JSB(ジェイ・エス・ビー)

    5. エコホームズ、他社仲介向けにマニュアルを作成

      エコホームズ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ