施設・事業者単位で契約の火災保険を開発

三井住友海上火災保険

企業|2014年10月10日

  • twitter

高齢者住宅入居者向け、保険の手配漏れを防止

三井住友海上火災保険(東京都千代田区)は、高齢者向け住宅専用の保険契約方式を開発し、10月1日から販売開始した。
同商品は、高齢者向け住宅事業者が保険契約者となり、入居者の火災保険を一括手配するもの。
契約は戸室単位ではなく、施設単位または事業者単位でまとめてひとつの契約となるのが特徴。
このため、保険の手配漏れを防ぐことができる。
この契約方式で結ぶ火災保険「GKすまいの保険」での補償は、
(1)火災や自然災害等により、入居者が所有する家財に損害が生じる財物への補償、
(2)失火等によって部屋を損壊したことに伴う建物オーナーへの損害賠償、
(3)他の入居者の財物を壊したりケガをさせる等、日常生活に起因する第三者への損害賠償の3つ。
その他、補償する事故の範囲の変更や、特約の追加が可能だ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~スマートロック編~

    アサヒグローバル, 三菱地所ハウスネット, ゴールドトラスト, ライナフ

  4. 【不動産DX】オンラインセッションレポート~RPA編~

    ハウスパートナーホールディングス, 日本財託, ディップ

  5. 都市再生機構×フージャースアセットマネジメント、DIYとアウトドアがコンセプト

    独立行政法人都市再生機構, フージャースアセットマネジメント

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ