「もし実家が空き家になったら」意識調査

アットホーム

企業|2015年09月26日

  • twitter

「売却」よりも「残す」が半数以上


アットホームは9月8日、全国の30~40代の男女618名を対象に、「もし実家が空き家になったら」について意識調査を行った。

空き家になった場合、「賃貸にする(土地活用を含む)」が11・7%となった。
もっとも多かったのは「売却する」で41・6%、
次いで「将来自分もしくは親族が住む」が34・8%、
「誰が住むかわからないが、空き家にして管理し続ける」が7・9%となった。
半数以上はなんらかの形で残していきたいと考えているようだ。

「売却する場合、売れると思うか」に対し、「売れると思う」が42・9%、
「賃貸物件にする場合、借り手が見つかるか」については、「借り手が見つかる」と31・9%が答え、
売るよりも借り手を見つける方が難しいと考えていることが分かった。

賃貸の活用方法としては、「住居用賃貸物件として貸し出す」が71・7%と最も多かった。
空き家管理サービスを知っているのは26・7%にとどまった。

  • 検索
  • 家主ナビ スマート物確
    賃貸住宅フェア2020
    家主向け勉強会「家主の疑問を解消する」知識武装スクール

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 入居率低迷「サブリース不安」広がる

      レオパレス21

    2. 賃料相場マップ完成

      長谷工ライブネット

    3. 仲介手数料返還請求、東急リバブル上告で高裁へ

    4. "老朽化時代"にどう備えるか

    5. ブルックリンのカフェ風部屋に入居待ち|BRANCH AVENUE

      ESPRESSO(エスプレッソ)清須

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    賃貸住宅フェア2019in名古屋
    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ