神奈川県の空室率がさらに上昇

タス

企業|2017年03月09日

  • twitter

市場競争力の低い物件の過剰供給が原因


土地・建物およびマンション評価を手掛けるタス(東京都中央区)は2月28日、賃貸住宅市場レポートを発表した。
2016年12月期の首都圏賃貸住宅市況ではそれぞれ首都圏全域、東京都23区、東京都市部、神奈川県、埼玉県、千葉県のデータを公開している。

前年同期比で顕著な数字を表しているのは神奈川県の空室率だ。
東京23区で11ポイント台、市部で14ポイント台で推移しているのに対し、埼玉県は16.32ポイントから17.76ポイントで1.44ポイント、千葉県は14.32ポイントから15.61ポイントで1.29ポイントそれぞれ上昇。
一方で、神奈川県は13.50ポイントから15.44ポイントで1.94ポイントと最も増加率が高くなる。
さらに、RC造などのマンション系に比べ、木造や軽量鉄骨などのアパート系の空室率は前年同期比で約5ポイント上昇している。

タスの藤井和之新事業開発部長は「神奈川県では、人口減少の始まっている地域で市場競争力の低い物件がリーマンショック前から過剰供給されていた。そこから相続税対策の賃貸住宅が建てられ、さらにマイナス金利の影響で不動産への貸出額が急増したことで追い打ちがかけられた」と分析した。

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ