民泊撤退サービスを福岡へ拡大

スイッチエンターテイメント

商品・サービス|2017年10月11日

  • twitter

民泊を運営していた部屋から家具などの撤去を行うサービス『撤退太郎』を提供するスイッチエンターテイメント(東京都新宿区)が2日から、福岡県にもサービス範囲を拡大した。

賃貸マンションの空室を利用し運営されるケースが多数の民泊だが、供給過多により採算が合わなくなるなどの理由から退去せざるをえなくなる運営者も出てきている。

同サービスでは、退去予定日の10日前までに注文すれば、退去前日に設置している家具のすべてを撤去する。
福岡県は韓国や台湾など、東南アジアからのアクセスが特に多く、東京、大阪、京都に次いで日本で4番目にAirbnb掲載物件が多いことから、エリアを拡大することにしたという。
価格はこれまでと変わらず、30㎡の物件までは3万円。

川田雄大CEOは「対応範囲を広げていくことで、地場の企業とのつながりも拡大していきたい」と展望を話した。

検索

アクセスランキング

  1. 【賃貸市場エリア別分析】~岩手県盛岡市編~

    アート不動産,熊谷興産,アパートセンター

  2. 【電帳法改正1年】電子契約書類などの保管に要注意

    弁護士ドットコム

  3. パナソニックAWエンジニアリング、ユニットバスに壁柄追加

    パナソニックAWエンジニアリング,パナソニック

  4. アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 

    スルガ銀行,SI被害弁護団,さくら共同法律事務所,村田・若槻法津事務所,KOWA(コーワ)法律事務所

  5. 企業研究vol.182 日本保証 熱田 龍一 社長【トップインタビュー】

    日本保証,Jトラスト,日本ファンディング,エイチ・エス証券,Jトラストグローバル証券

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ