民泊撤退サービスを福岡へ拡大

スイッチエンターテイメント

商品・サービス|2017年10月11日

  • twitter

民泊を運営していた部屋から家具などの撤去を行うサービス『撤退太郎』を提供するスイッチエンターテイメント(東京都新宿区)が2日から、福岡県にもサービス範囲を拡大した。

賃貸マンションの空室を利用し運営されるケースが多数の民泊だが、供給過多により採算が合わなくなるなどの理由から退去せざるをえなくなる運営者も出てきている。

同サービスでは、退去予定日の10日前までに注文すれば、退去前日に設置している家具のすべてを撤去する。
福岡県は韓国や台湾など、東南アジアからのアクセスが特に多く、東京、大阪、京都に次いで日本で4番目にAirbnb掲載物件が多いことから、エリアを拡大することにしたという。
価格はこれまでと変わらず、30㎡の物件までは3万円。

川田雄大CEOは「対応範囲を広げていくことで、地場の企業とのつながりも拡大していきたい」と展望を話した。

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

  5. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ