司建物管理が破産 負債総額は約790億円

企業|2009年03月09日

  • twitter

3月4日、家具付き物件の短期賃貸ビジネスの先駆け、司建物管理(東京都品川区)は東京地方裁判所に破産手続きを申立て。同日、同裁判所より破産手続き開始決定が発令された。負債総額は約790億円。不動産関連会社の破綻としては今年7番目の規模となる。

同社は1962年に設立。創業者の川又幸彦氏率いる家具付き物件の短期賃賃貸借ビジネスのパイオニアとして、1980年代に事業を急激に拡大。「♪さんの、よんよんまるまるわんわんわん♪」の音頭調のメロディと社長が登場するCMで一世を風靡したのは周知の通りである。

しかし、バブル期に自社物件を増大させた同社は崩壊後の不動産価格急落により1000億円を超える負債が経営を圧迫。1999年にウィクリ―マンション事業に営業権と商標権を債権者の米リーマン・ブラザーズ系企業に譲渡するなど負債圧縮と事業縮小を進めており、金融機関債権者は6名まで集約されていた。だが、債権者の一部が今年2月にウィークリーマンション事業の売上を差し押さえを行った結果、資金繰りが行き詰まった。

同社と同じ川又幸彦氏が創業したツカサグループの中核会社ツカサ都心開発の広報部は「当社と司建物管理は別企業であり運営業務等に関しては一切関係がない」としている。

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ