神奈川県住宅供給公社が共同住宅再生

神奈川県住宅供給公社

リフォーム・リノベ|2019年05月16日

  • twitter

12日間で全8室が入居決定

『アンレーベ横浜星川』外観

 神奈川県住宅供給公社(神奈川県横浜市)がリノベーションした『アンレーベ横浜星川』全8戸の入居が12日間で決まった。

 同物件は相鉄本線「星川」駅から徒歩14分、JR横須賀線「保土ヶ谷」駅から徒歩16分の立地。鉄筋コンクリート造の4階建てで総戸数は32戸。1954年の建築で1戸当たりの専有面積は37.3㎡。当初は2DKの間取りだったが1LDKに変更した。

 4月19日から募集していた全8戸の家賃は月額6万2100~6万5300円。共益費は4300円。リノベーション前と比べおおむね1万円賃料を上げた。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. Casa、民法改正の注意点解説

      Casa(カーサ)

    4. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ