賃貸建築売上が減収

大東建託、大和ハウス

統計データ|2019年05月20日

  • twitter

大東建託/生活総合支援企業へ 大和ハウス/海外強化

賃貸管理トップ10の住宅メーカー・建築会社2019期決算

 賃貸住宅建築および管理を受託する大手5社の2019年3月期決算が出そろった。施工不備問題が発覚したレオパレス21(東京都中野区)を除いた各社は増収。特に賃貸住宅管理をはじめとする不動産部門の好調ぶりが目立った。一方、大手の大東建託、大和ハウス工業は、主力の建築請負が減収となった。

 賃貸業界大手に転換期が来ているようだ。賃貸住宅建設・管理トップの大東建託(東京都港区)は11期連続増収増益で過去最高を更新した。だが内訳を見ると、建設事業は6097億円で前期比2.8%減。一方賃貸管理を軸とした不動産事業については、9241億円で前期比6.1%増だった。建設事業が減収した理由はスルガ銀行の不正融資から端を発した一連のアパートローン問題で金融機関の融資が厳格化したことにある。さらにサブリースに対するネガティブなイメージが広がったことで、建設受注におけるキャンセル率が21.5%と、前期比3.8ポイントも上昇したことが影響した。特に近年同社では首都圏エリアの営業を強化しており、土地購入からの建築営業もしてきたことから融資厳格化の影響を受けた。

 だが、大東建託は建設事業が減収でも100万戸を誇る管理戸数を主とした不動産事業の増収が増収増益に大きく寄与した。不動産事業の好調の要因は大きく3つ。1つ目は管理戸数増加による家賃収入の増加。2つ目は入居率の上昇。3つ目はグループ会社ハウスリーブが提供する家賃債務保証の加入件数増加だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ