国土交通省、不良建築防止へ指針案策定

市況|2019年08月20日

  • twitter

改善案は「工事監理」「品質管理」の2種類

賃貸住宅に特化した内容は初

レオパレス21や大和ハウス工業の違反建築を受けて発足した国交省の検討会が5日、工事監理や建材発注の在り方を定義する指針案をつくった。賃貸住宅に特化した指針案は初めて。不良建築を防ぐために本来あるべき確認体制や意思疎通の方法についてまとめられている。9月3日までパブリックコメントを受け付ける。

国の案は2種類。ひとつが、工事監理ガイドラインの追補。設計図通りの施工がなされているかを現場で確認する「工事監理」に目を光らせたのは、監理体制が、レオパレス事件で損なわれていたと考えられるからだ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. 【その2】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    遠州鉄道, アメニティーハウス, 福住

  5. 【その3】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    ネクステップ, 寺村不動産, タキナミネクスト

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ