レオパレス21違法建築「摘発に向け嘆願書」

LPオーナー会・レオパレス違法建築被害者の会

事件|2019年10月08日

  • twitter

捜査対象になり得る一部の商品

 レオパレス21(東京都中野区)のアパートオーナーが所属する「LPオーナー会・レオパレス違法建築被害者の会」は9月25日、界壁不設置などの不備の見られたアパートを「建築基準法違反」として摘発してもらう嘆願書を検察庁に提出した。

LPオーナー会、数十棟が対象

 対象物件は16~18年に竣工した物件。レオパレス21の資料によれば、不備の見られた数十棟が該当する見込み。同会は「建築基準法違反には3年の時効があるため、16年以降の竣工物件を対象としている」という。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    4. 国土交通省、心理的瑕疵を考える

      国土交通省

    5. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ