アットホーム、埼玉県で回復傾向の兆し

アットホーム

その他|2020年03月22日

  • twitter

 アットホーム(東京都大田区)は、同社の不動産情報ネットワークに登録され成約した首都圏(1都3県)における2019年1年間の『居住用賃貸物件の成約賃料・物件成約数』を市場動向として2月26日に発表した。これによると、首都圏平均の1㎡当たりの成約賃料はマンションが5年連続、アパートが6年連続前年超えとなったものの上昇幅がやや鈍化しており、上昇基調に一服感がみられるとしている。発表されたものの中から、所在地別成約数とマンションとアパートの新築と中古別の平均成約賃料を見ていく。

全エリアで成約数は前年比マイナス

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 【実態調査】賃貸管理が売上高に占める割合って?一人当たり管理戸数の普通は?

    住みかえ情報館, 三幸, 湘南宅建

  3. 近鉄不動産、ワーケーションを試験提供

    近鉄不動産

  4. 2020 人気設備ランキング発表

  5. 【トピックス】原状回復費の保証広まる

    学生情報センター, ランドネット, アーバンクリエイツ, Warranty technology(ワランティテクノロジー)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ