インターネット最新動向 既存賃貸が市場をけん引

その他|2020年04月08日

  • twitter

 空室対策の一環だった「インターネット無料マンション」は、いまや生活インフラとして需要が底堅い。コンテンツの容量拡大に加え、テレワークなどの働き方を実現するためにネット環境の構築は重要性を増す。既存賃貸への導入が進むなか、「全戸一括インターネットサービス」を提供するマンションISP会社の動向を追う。

各社賃貸市場に軸足

 集合住宅へのインターネット導入件数の伸びは堅調だ。MM総研(東京都港区)が2019年9月に発表した『2019年3月末時点の全戸一括型マンションISP(インターネット接続会社)シェア調査結果』によると、分譲・賃貸マンションへのインターネット提供戸数は272万9000戸となった。18年同月比で21%増。主に既存の賃貸住宅への提供が数字をけん引した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    2. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    3. スペースリー、VRに問い合わせ5倍

      スペースリー

    4. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    5. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ