業界大注目 テレワーク賃貸

その他|2020年04月23日

  • twitter

広々としたコワーキングスペースを物件内に設けている『ネイバーズ武蔵中原』

 7日に発令された緊急事態宣言を受けて、テレワークを導入する企業が増加している。都内だけではなく、地方でも浸透し始めている。自宅で作業する業務形態が今後注目される中、賃貸住宅で仕事しやすい環境を打ち出した物件が現われている。

和室を改装し9割入居

 東京商工リサーチ(東京都千代田区)は10日「新型コロナウイルスに関するアンケート」を発表した。回答した全1万7340社のうち、在宅勤務・リモートワークを導入した企業数が25.4%を記録。前回、3月12日発表の調査から7.7%上昇する形となった。新型コロナ禍で外出自粛ムードが漂う中、セキュリティや労働生産性の面でクリアすべき課題はあるものの、今後もテレワーク導入企業は増加するだろう。自宅が職場となることで室内の環境整備は急務の課題となる。

コワーキング併設、会議利用も可能

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ