在宅勤務を支える不動産テック

その他|2020年05月14日

  • twitter

 新型コロナウイルスの感染拡大によって賃貸不動産会社も在宅勤務を行ったり、事業における顧客との接触機会を減らす努力をしなければならない。たが対面での接客に加え、紙やFAXを使ったアナログな業務が多いこともあり、在宅勤務への移行が進んでいない状況だ。こうした課題を解決に導く商品・サービスを導入事例とともに紹介する。

システム活用による業務効率化特集―コロナ対策編―

VRで遠隔接客を実現

■スペースリー

 非対面による接客対応は、新型コロナウイルスの感染防止や業務効率の観点で有効だ。VRクラウドソフト『スペースリー』を提供するスペースリー(東京都渋谷区)では、遠隔接客を行うためのVRウェブ接客システムを6月より期間限定で無償提供する。

 特許技術を活用した360度VRコンテンツを、不動産会社の接客担当者側と入居希望者側の端末画面で同期させる。画面の操作は双方で可能だ。鮮明な画像を共有しながらビデオ会議で物件の説明や質問ができるため、実際の現場に同行する内覧に限りなく近いサービスが提供できるようになる。VRコンテンツはブラウザで閲覧するため、パソコンやスマートフォンなどの端末に依存せず、インターネット環境があれば利用できる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃支援策 自治体一覧【居住用・事業用】

    2. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    3. 地場大手「IT化」加速

    4. 賃貸仲介、一部で回復傾向

    5. 絆人、シェアハウスに特化した設計プラン

      絆人

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ