市場の行方、コロナで住宅選びの基準変わるか

市況|2020年06月15日

  • twitter

 コロナと共生する「新しい生活様式」に準じた行動が求められる。テレワークの定着は、人々の部屋探しにどんな変化を与えるのか。大東建託グループ(東京都港区)のシンクタンク・賃貸未来研究所の宗健所長は「劇的に大きく変わるとは思えない」と持論を述べる。専門家の目に、今の住宅トレンドはどう映っているのか。詳細を語ってもらった。

「大きな変化は考えられない」

 コロナ・ショックは人々の「行動」を強制的に変えてしまいました。大企業の多くはテレワークに強制的に移行し、ウェブカメラなどは売り切れです。使ったこともないビデオ通話アプリ『Zoom』をみんなが使い始め、すぐ慣れてしまいました。利便性の高さから、このリモートワークの流れは元に戻りにくいと思っています。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ