タス、賃貸市場へのコロナの影響を分析

タス

その他|2020年07月27日

  • twitter

 不動産評価ウェブサイト『TAS-MAP(タスマップ)』を運営するタス(東京都中央区)は、6月に『新型コロナウイルスによる市場変化の可能性』と題したレポートを発表した。

賃料上昇基調は維持の見込み

 同レポートでは「当面は首都圏の賃貸住宅賃料は上昇基調を維持する」とした。その背景について、同社主任研究員の藤井和之氏に話を聞いた。

 賃貸住宅の供給側からの要因は、(1)2018年以降、金融機関の貸し出し引き締めがあり首都圏の賃貸着工数が減少傾向であったこと (2)国土交通省の「建築着工統計調査」で20年3月の貸家着工数は前年同月比マイナス3.5%と引き続き減少傾向にあったこと (3)今後、新型コロナウイルスの影響で経済状況の悪化が続けばさらに着工数が減少すること。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ