沿線開発 最前線、主役は地域のプレーヤー

その他|2020年08月02日

  • twitter

 小田急電鉄(東京都新宿区)の沿線開発がユニークだ。今、取り組んでいる東京・下北沢エリアの線路跡地の街づくりプロジェクト『下北線路街』では、「支援型開発」に主眼を置いた13の施設を企画。沿線人口の減少が懸念される中、地域と一緒に街をつくる新たな開発事業に迫った。

テーマは街への支援

 小田急電鉄の開発プロジェクト『下北線路街』は小田急小田原線の「代々木上原」駅から「梅が丘」駅間の鉄道地下化によりできた線路跡地が舞台となる。「東北沢」駅から「世田谷代田」駅の1・7kmにわたる開発エリアに、13施設を新設し、2021年中に整備する方向で進めている。

 開発コンセプトは「BE YOU.シモキタらしく。ジブンらしく。」。最大の特徴は「支援型開発」だ。地域のプレーヤーが主体になって価値をもたらすことで、地域の持つ本来の魅力をより引き出し、地域の価値観を重視して支援する形で開発する。目指すのは地域の愛着を育むことだ。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ