民泊のマンスリー転用進む

メインツリージャパン, matsuritechnologies(マツリテクノロジーズ), リブマックス,GRACES(グレイシス), Nowhere(ノーウェアー)

その他|2020年08月18日

  • twitter

家具家電のほか、寝具付きの物件も長期で提供している

 コロナ禍で観光客が激減していることから、宿泊施設やマンスリー物件を会社員向けに長期滞在型として貸し出す事業者が目立ってきている。テレワーク需要の高まりを背景に、稼働率は大幅に改善するも単価減少で採算合わせの課題が残る。過渡期を迎える宿泊・マンスリー事業の現状を取材した。

「単価減少で採算とれず」課題山積

ひと月単位予約最長6カ月利用

 「長期の利用者に、6カ月間の予約が入っている人がいる」と話すのは、大阪市を中心に約30室特区民泊の運営を行うメインツリージャパン(大阪市)の山下実咲社長だ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、海外の観光客が途絶え、施設の利用者は一時9割減となった。1泊あたりの単価を下げつつ、テレワーク用施設や一時的な隔離場所として、国内需要にターゲットを切り替えたところ、3月中旬から徐々に1カ月以上の長期滞在利用が増加。現在では6件ほど入っているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ