コミュニティネットワーク協会、住宅弱者を救う取り組みを発信

一般社団法人コミュニティネットワーク協会

企業|2020年08月24日

  • twitter

高齢者や障がい者などへの支援事業について発表

 セーフティネット住宅の運営を行う一般社団法人コミュニティネットワーク協会(東京都豊島区)は、7月30日、住宅弱者の窮状を救う取り組みを広めるための記者会見を開いた。当日は、同協会の渥美京子理事長をはじめ、那須まちづくり(栃木県那須郡)の近山恵子社長、共生グループ(東京都豊島区)の髙橋英與代表などが登壇した。

理解促し住居確保進める

 渥美理事長は、同協会が推進する『としま・街ごと福祉支援プロジェクト』について発表。空き家をセーフティネット住宅として転用することで住宅弱者の受け皿を増やす取り組みのことで、4戸まで増加したと話した。セーフティネット住宅とは、住宅弱者と呼ばれる高齢者や障がい者、低所得者などが住まいを失わないために用意された低賃料の賃貸住宅のことだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  3. 日本賃貸住宅管理協会、日管協フォーラム2021開催

    日本賃貸住宅管理協会

  4. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  5. 接客のマニュアル化と巡回ポイント

    【連載】現場レポート 賃貸業界のキャリア形成 VOL.114

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ