住友商事が賃貸システムに参入

住友商事, イタンジ, bitFlyer Blockchain(ビットフライアーブロックチーイン)

その他|2020年11月02日

  • twitter

『スマート契約のイメージ画像』

 住友商事(以下住商:東京都千代田区)が、不動産賃貸契約プラットフォーム事業を始める。転居に伴う生活回りのあらゆる手続きを一つの枠組みで完結できるインフラ形成を目指し、現在25社が参画を表明。今後さまざまな関連事業者を巻き込む。協業するIT企業のブロックチェーン技術を活用してセキュリティ性を担保し、本格運用は来年を予定。同分野ではIT企業のイタンジ(東京都港区)が先行するが、賃貸業界で握るシェアは限定的だ。住商の構想は、業界内で存在感が一気に高まるポテンシャルを秘めている。

手続き「一気通貫」が強み

参画企業数は現在25社

 新たな賃貸プラットフォーム名称は『スマート契約』。現在の試験運用段階では入居申込から審査、賃貸契約、保証契約、保険契約、引っ越し、電気やガスなどの生活インフラの契約までをシステム上で手続きが可能となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ