【ルポ】航空業界不況、空港付近のアパートへの影響は?

シティハウジング, ミノラス不動産

その他|2020年12月29日

  • twitter

 航空業界関係者向けに貸している一部アパートが、空室増加のリスクを抱えている。大手航空会社2社が2021年度の新卒採用の中止を発表したからだ。そんな状況の中既存の社員の入居動向にも影響が出始めている。航空会社が提携している東京都大田区の管理会社への送客や、仲介店舗への新規問い合わせが減少。大田区全域を管理エリアとする地場不動産管理会社、オーナーに影響と今後の対策について話を聞いた。

大田区の管理会社対応追われる

早期対策で売上減少回避

 大手航空会社2社は5月に2021年度入社の新卒採用の中止を発表。そのニュースを受けて、「20年6~11月の航空業界関係者の成約数は33件。19年同月の58件から25件減少した」と先行きの不安を見せるのは、航空会社が提携している東京都大田区の地場大手不動産シティハウジング(同)営業部の林雄一郎部長だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ