ウエルプデザイン、九州工業大学開発の光触媒による除菌商品

ウエルプデザイン

商品・サービス|2021年06月18日

  • twitter

スプレーで室内の壁などに塗布

 リフォーム事業を手掛けるウエルプデザイン(東京都多摩市)は、トップラン(福岡市)が製造する光触媒による除菌コーティング剤『Dr.OHNO(ドクターオウノ)』を販売している。同製品は、九州工業大学の横野照尚教授を中心とした研究チームが開発。2020年4月に製品として販売を開始した。

原状回復の際に活躍

 光触媒による除菌とは、光が触媒に当たることで反応し、有機物を分解することで、抗菌・消臭・防汚などの効果が得られる仕組みだ。壁や天井などに塗布する形で使用する。

 『Dr.OHNO』は、LEDや蛍光灯などの室内の弱い光でも反応する特許技術を使用した酸化チタンという触媒を使用しているため、室内の薄暗い照明でも効果を発揮。特殊なコーティング剤のため、拭き取ったり、洗浄したりしない限り一度の塗布で効果が持続する。九州旅客鉄道(福岡市)の運営するホテルや公共交通機関などで導入されている。住宅向けでは、主に原状回復などの際に併せて行い、入居希望者への宣伝材料として活用されるケースもある。

 ウエルプデザインの塩田義治社長は「コロナ下で除菌需要が高まる中、リフォームや原状回復の際の導入を進めていきたい」と今後の展望を語る。

(6月14日17面に掲載)

おすすめ記事▶『感染症予防の抗菌シートの販売を強化』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  3. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  4. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ