首都圏不動産公正取引協議会、不正広告の課徴件数19件に減少

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

企業|2021年07月24日

  • twitter

総会の様子

 公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会(東京都千代田区)は6月21日、ホテルメトロポリタンエドモント(同)において、2021年度定時社員総会を開催。20年度の事業報告にて、不動産公正取引協議会連合会が定めた「不動産の表示に関する公正競争規約」に対する首都圏での違反事業者数やおとり広告の実態が明らかとなった。

「おとり広告」での処分は30社

 首都圏における20年度の違約金課徴件数は、19年度比12件減の19件。2年連続の減少となった。種橋牧夫会長は、「21年度も減少傾向が続くよう、不動産広告の適正化をより一層推進する。また、表示規約の改正について、21年度中に消費者庁からの承認が得られるよう連携を図っていく」と話した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ