【レオパレス】終わり見えぬ施工不備問題、時効前に改修迫られる家主

レオパレス21, LP(エルピー)オーナー会

その他|2021年08月16日

  • twitter

レオパレスが家主に送った調査報告書

 レオパレス21(以下、レオパレス:東京都中野区)の施工不備アパート問題が長期化することにより、家主にとってさまざまな問題が表出している。改修工事と借り上げ家賃の減額だ。施工不備アパートを持つ家主はジレンマを抱えつつも、所有物件と向き合う時期に来ている。

違法発覚3年で損害賠償請求権が消滅

オーナー6人が集団訴訟起こす

 レオパレスが施工したアパートを所有する家主らが会員のLP(エルピー)オーナー会(愛知県名古屋市)は、7月30日にレオパレスに対し、約7560万円の損害賠償を求める集団訴訟を東京地方裁判所に起こした。家主6人が原告団となり、同社の施工不備部分の改修費用の支払いなどを求めるが、訴訟の背景には、違法行為の時効が絡む。違法行為(アパート完成時)から20年たつか、違法行為の発覚から3年たつと時効になり、損害賠償請求ができなくなるからだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ