「コロナ後の首都圏住宅市場の見通し」レポートを発表

タス

統計データ|2021年08月25日

  • twitter

 不動産評価ウェブサイト「TAS-MAP(タスマップ)」を運営するタス(東京都中央区)は7月30日に「賃貸市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版」を発表した。その中の「コロナ後の首都圏住宅市場の見通し(前篇)」で、新型コロナウイルス下でのテレワーク実施による地方や郊外への移住について、コロナ収束後には9割程度コロナ前の状況に戻ると同社は考察している。

コロナ収束後はテレワーク減少を考察

 その理由として、テレワークなどからオフィス勤務を希望する方向に、働き手の意識が変わってきたことを挙げている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

  4. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  5. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ