用途転換で収支改善!築古建物再生 ~後編~

その他|2021年08月22日

  • twitter

最初に手がけたドミトリータイプ

 「新築プレミアム」が存在する日本において、年月を経た物件は価値がなくなるばかりなのだろうか? 貸し方を変えることで、古い建物に新たな息吹を吹き込んだ4人のオーナーの事例を紹介する。

「浜松をアウトドアのイメージにしたい」

女子寮からホステルへ

裾野が広いコンセプトで成功

 古橋啓稔オーナー(静岡県浜松市)が経営する「365BASE OUTDOOR HOSTEL(サンロクゴベース アウトドアホステル)」はアウトドアをコンセプトにしたホステルだ。かつて50戸の女子寮だった建物を15年にシェアハウスにリニューアルした。その後、民泊需要の風に乗って17年からホステル経営に徐々にシフト。今は全戸ホステルとして運営している。19年12月に空きが出た1階の2部屋にテントを置いて「室内キャンプ場」としてリノベーションしたのが時代のニーズとマッチした。旅行の新形態として提唱されるマイクロツーリズム(自宅からおよそ1時間圏内の近隣への宿泊・観光のこと)の波に乗り、「室内で楽しめるグランピング施設」として注目されることになったのだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ