MAAD.、賃貸住宅向けマルチスペースの設計工事を提案

MAAD.(マード), ニューダイヤ産業

商品・サービス|2021年09月17日

  • twitter

Orange Labの内装

 設計デザイン事務所のMAAD.(マード:東京都豊島区)はニューダイヤ産業(東京都文京区)と協業し賃貸住宅にマルチスペースをつくる「Smart Work(スマートワーク)」のサービス提供を8月5日に開始した。使用提案から設計、工事、運用までを行うサービスだ。

家主も使える空間がコンセプト

 コンセプトを「自分が使いたい場所をつくろう」とし、物件オーナー自身にも自宅、職場に次ぐ第3の居場所「サードプレイス」として利用してもらうことを特徴としている。実際に、東京都港区青山に立つ賃貸住宅「Orange Lab(オレンジラボ)」では、ニューダイヤ産業の阿部洋介社長の所有する物件をリノベーションし、オーナーである社長自身や、身近な人々がミーティングやイベント会場として利用している。

 現在、都内4カ所に4部屋を提供。イベントスペースとしての時間貸しを行い、休日にはエステティックの定期イベントなども行っている。事前予約を取り、写真や動画の撮影や映画鑑賞などでの利用も可能。

 前述のOrange Labでは28㎡の1住戸ワンルームを改修した。Wi-Fi完備だけでなく、プロジェクターやホワイトボード、拡張モニターも設置し、幅広い用途に対応できるように工夫している。利用時間は7~23時、平日・休日問わず予約が可能。

 手がけた全物件のブラインドにはベージュやグレーの和紙を使用し、空間に柔らかみを出したという。また間接照明を使用し、集中して作業できる場所をつくり上げた。

 MAAD.の村木計社長は「大きな収益を見込むのではなく、まずはオーナーの所有物件をオーナー自身が利用するとともに、収益の一部を家賃に補塡するようなシステムを想定している。物件の使い方として、用途を一つに絞らない空間設計が大切。そのためには機能性だけではなく、デザイン性が重要で、使う側に用途提案できる空間にしていきたい」と語った。

 現在の稼働率は順調で、毎日3~4時間の利用を希望する予約が1~2件は入っているという。今後オーナーへの提案を積極的に行い、将来的には住宅地の空き家を利用したサードプレイスも手がけ、2年後には全国各地に100件提供することを目標にしている。

MAAD. 村木計社長の写真

MAAD.
東京都豊島区
村木計社長(38)

 

(9月13日3面に掲載)

おすすめ記事▶『東京都住宅供給公社、テレワーク想定し高速回線整備』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ