オーナーアプリなど家主との意思疎通ツールを比較 ~後編~

アーバンアセット, エコホームズ, キュービック不動産, 日本情報クリエイト

企業|2021年09月21日

  • twitter

 オーナーアプリも登場し、家主向けのコミュニケーションツールはバリエーション豊かになりつつある。従来からの電話やメールに加え、「LINE」を活用している場合もある。各社、どのようにツールを使い分け、費用対効果はどうなのか。管理戸数規模別に管理会社のオーナーコミュニケーションの現場を取材した。

入居者トラブルなどもLINEで一次対応

アーバンアセット、全対応をLINEに集約 経費約5分の1に圧縮

 2306戸を管理するアーバンアセット(東京都荒川区)ではオーナーとの連絡ツールとしてLINEを活用し、従来よりも経費を約5分の1に減らすことに成功した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

『オーナーアプリなど家主との意思疎通ツールを比較 ~前編~』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. エイムズ、築39年の物件で施工中に成約獲得

    エイムズ

  5. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ