家主業の事業承継を経験者オーナーが語る② 後編

TOMA(トウマ)コンサルタンツグループ

その他|2021年09月22日

  • twitter

 収入を増やしたいのか、土地を守りたいのか、家主業の承継に一般的な意味での"正解"はない。受け継いだ方が、先代のやり方を踏襲して土地を守るのか、攻めの姿勢でさらに発展させるのかも自由だ。前回と同様に実際に事業を承継し、成功を収めているケースを紹介する。

スムーズに承継する7つのポイントを公開

子に経営の基礎を学ばせる お互い意志を確認しながら承継

 「陸上競技のリレーにだってバトンをパスするためのテーク・オーバー・ゾーンがあるのだから、事業承継にも同じようにゆとりを持たせた計画が必要だ」。こう話すのは大橋正紀オーナー(浜松市)。浜松市で経営する築41年と39年の2棟計40戸のRC造マンションは、父から1982年に受け継いだものだ。相続したのは28歳のとき。この相続は冒頭の言葉とは裏腹の不測の事態によるものだった。父が56歳で急死したためだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

家主業の事業承継を経験者オーナーが語る②[前編][後編

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ