財産開示手続き①(滞納賃料回収)

【連載】新・法律エクスプレス 第14回

法律・制度|2021年10月01日

  • twitter

 私は、マンションの居住者と賃貸借契約を締結し、居室を賃貸していましたが、賃借人が賃料を滞納するようになり、未払い賃料支払い請求の裁判をして勝訴判決を得たため、強制執行手続きを取ろうと考えていますが、賃借人の財産がどこにどの程度あるのかわかりません。この場合に、何か取りうる手段はありますか。

刑事罰も科せられる財産開示手続き

 結論として、財産開示手続き(民事執行法第196条以下)という手段を用いることにより未払い賃料を回収できる可能性があります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『残置物の処分方法』

検索

アクセスランキング

  1. 「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても入居が決まる」2021人気設備ランキング ~ランキング表編~

  2. 人気設備ランキング2021 コロナ下急増編

    信濃土地, 大一不動産, トヨオカ地建, リネクト, アールウィンド, YKK AP, 杉住宅, 静岡セキスイハイム不動産

  3. 「この設備がないと入居が決まらない」人気設備ランキング2021 ~ランキング表編~

  4. 東証マザーズ上場のタスキ、柏村新社長インタビュー

    タスキ

  5. 【不動産の働き方改革】「専任の宅建士」テレワーク広がる

    Con Spirito(コンスピリート), ジェイエーアメニティーハウス, ミライアス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ