死亡した入居者の相続人との協議

【連載】弁護士が解決!!身近な不動産トラブル 第83回

法律・制度|2021年11月14日

  • twitter

 私が所有しているアパートの入居者が孤独死していることが判明しました。過去の記事を見ますと、相続人に賃借人たる地位が承継されるため、相続人を調査したうえで、相続人に対して部屋の明け渡しを求めていく必要があるとのことでした。しかし、今回の賃借人は家賃の滞納もなく、契約の解除はできないのではないでしょうか。契約解除ができないとなると、相続人への交渉になると思いますが、どのような対応をしていくべきなのでしょうか。

死亡した入居者に滞納がなければ契約解除や残置物の処理は不可

 結論としては、家賃滞納などの契約違反がないために明け渡しを求めることができない場合、相続された賃借人たる地位と、部屋の残置物の処遇について、相続人と協議していく必要があります。

 まず、入居者が死亡したからといって、勝手に部屋の中の残置物を処分してはいけません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『逮捕された賃借人を退去させるための手続き』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ