今後どうなる?「外国人向け」賃貸動向予想

イチイ,グローバルトラストネットワークス

企業|2021年11月19日

  • twitter

 2020年以降、新型コロナウイルスの水際対策として多くの外国人がビザの発給を受けながらも日本への入国が許可されない状態だ。だがこれは、一方で今後日本への入国緩和措置が取られた場合、一気に外国人の流入が起こるということでもある。日本での生活基盤となるのは当然「住居」。外国人を入居者として受け入れることは、これからの日本の賃貸業界の活性化にもつながるだろう。

「ビヨンド・コロナ」時代へ向けて、グローバルな賃貸の準備期間

留学生が入国できず特化型賃貸は苦戦

 1980年の創業以来、外国人の入居サポートを行ってきたイチイ(東京都新宿区)の荻野政男社長。未曽有の新型コロナ禍は、40年以上外国人向け賃貸の現場を見てきた荻野社長の目にはどう映っているのだろうか?

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ