選挙年でも堅調な住宅市場動向

【連載】アメリカ不動産事情 第76回 米国大統領選挙と不動産市場動向

投資|2022年01月09日

  • twitter

 11月3日の米国大統領選挙まで45日余りとなった。民主党バイデン候補との一騎打ちとなるトランプ大統領は再選を目指して、国内の雇用回復を最優先課題と位置づけた外交政策に打って出ると思われる。

家賃の値上げ規制を掲げるカリフォルニア州が懸念材料

再選を目指すトランプ大統領

 私が初渡米した1976年は大統領選で民主党のジミー・カーター氏が当選、ニクソン政権の汚職事件で政治不信が高まった米国民に向けクリーンなイメージで地方の州知事が中央政界に登場した。しかし79年のイラン革命時の対応などで政治的手腕の欠如が露呈、1期4年を通じて弱腰大統領と揶揄(やゆ)された。

 そして80年にはカーター大統領に大差で勝利した共和党のレーガン政権の誕生となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍でも賃貸住宅市場は成長し続ける見込み』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 国家資格化後初の賃貸不動産経営管理士試験、合格1万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Ken(ケン)ビジネススクール

  2. 2022年版で賃貸仲介件数を伸ばした企業のウェブ集客<4000件~1万件台企業5社>

    大東建託グループ, 大東建託リーシング, ハウスコム, タウンハウジング, 京都ライフ, 明和不動産, 福徳不動産

  3. 2022年版賃貸仲介件数ランキング404社(1位~10位)

    2022年版賃貸仲介件数ランキング

  4. コロナ禍の影響、給湯器の供給不足が深刻に

    高山不動産, キンライサー, 大問屋, 住研川越

  5. 入居後の生活関連サービスの提供も視野【トップインタビュー】

    CHINTAI(チンタイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ