選挙年でも堅調な住宅市場動向

【連載】アメリカ不動産事情 第76回 米国大統領選挙と不動産市場動向

投資|2022年01月09日

  • twitter

 11月3日の米国大統領選挙まで45日余りとなった。民主党バイデン候補との一騎打ちとなるトランプ大統領は再選を目指して、国内の雇用回復を最優先課題と位置づけた外交政策に打って出ると思われる。

家賃の値上げ規制を掲げるカリフォルニア州が懸念材料

再選を目指すトランプ大統領

 私が初渡米した1976年は大統領選で民主党のジミー・カーター氏が当選、ニクソン政権の汚職事件で政治不信が高まった米国民に向けクリーンなイメージで地方の州知事が中央政界に登場した。しかし79年のイラン革命時の対応などで政治的手腕の欠如が露呈、1期4年を通じて弱腰大統領と揶揄(やゆ)された。

 そして80年にはカーター大統領に大差で勝利した共和党のレーガン政権の誕生となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍でも賃貸住宅市場は成長し続ける見込み』

検索

アクセスランキング

  1. アパート・マンションへの不正融資訴え 家主約480人がスルガ銀行と交渉 

    スルガ銀行,SI被害弁護団,さくら共同法律事務所,村田・若槻法津事務所,KOWA(コーワ)法律事務所

  2. 不動産広告10年ぶりの大改正、徒歩分数の距離表示規則改定【クローズアップ】

    不動産公正取引協議会連合会,公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

  3. 2023年、民泊参入規制緩和へ

    国土交通省

  4. 【賃貸市場エリア別分析】~岩手県盛岡市編~

    アート不動産,熊谷興産,アパートセンター

  5. 【解説】家賃減額、争点は妥当性の証明

    レオパレス21,東京カンテイ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ